個人賠償責任保険〜最新ペットトラブル豆知識〜

例えば「散歩中のペットにかまれ重傷」のようなケースもあると思います。
状況によっては飼い主が実刑になることもあるようです。
ペットが他人を噛んでしまってケガを負わせたケース・・・。
責任をとるのは飼い主です。
責任に備えるためにも、個人賠償責任保険金はとても重要な補償です。

・ペットが他人をかみ重傷を負わせた。
・ペットが他人のペットをかみ重傷を負わせた。
・ペットが他人の家の柵(さく)をかじって壊した。
・ペットが他人の家の畑を荒らしてしまった。


個人賠償責任保険


一般的に日常生活賠償責任保険という名称で呼ばれ、この保険の目的は日常生活で家族以外の第三者である他人にケガを負わせたり、他人の物を壊してしまった、法律上の賠償責任を負ってしまった時に、損害賠償金や訴訟になった場合の弁護士の費用等、訴訟費用等を含め保険金が支払われる保険です。

*飼い犬が家族以外の人に噛みついてけがを負わせてしまった。
友達が遊びにきた時など、飼い犬が噛みついてケガをさせてしまった。

つまり民法718条による賠償責任(法律上の責任)です。

<参考>
(動物の占有者等の責任)
第718条
動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。
占有者に代わって動物を管理する者も、前項の責任を負う。

・トラブルが起きたとき、速やかに保険代理店に連絡し、相談するべきです。
また、示談書などは保険会社に雛型があります。

示談書の雛形です。
保険に入られていない方は、参考までにどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 個人賠償責任保険〜最新ペットトラブル豆知識〜
Share on Facebook
Post to Twitter
Livedoor Clip - 個人賠償責任保険〜最新ペットトラブル豆知識〜
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on BuzzURL
BuzzURL - 個人賠償責任保険〜最新ペットトラブル豆知識〜
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on GREE
LINEで送る

タグ

2011年10月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ